症状を知る

薬のケース

アトピー性皮膚炎という皮膚病をご存知でしょうか。アトピー性皮膚炎は、原因不明の湿疹が一定期間治らない状態の皮膚炎を差し、大変かゆみの強い湿疹が続くのが特徴です。子どもがかかり易い皮膚病で、以前は大人になると治ると言われることもあったアトピー性皮膚炎ですが、大人になって再発、または子どもの時に罹患しなかったのにも関わらず、大人になってから発症することもあるようです。湿疹が発症または悪化する原因は人によって異なると考えられていますが、ほこりや花粉、ダニなどによる悪化をすることが多いと考えられているため、それらを除去したり防ぐことで症状が軽減することもあるようです。アトピービジネスと呼ばれる民間療法も多く、それにより悪化するなどのケースもあるようですので、皮膚科での正しい診察が推奨されています。

アトピー性皮膚炎の方は、第一選択肢として皮膚科を受診する方が多いようです。皮膚科では、ステロイド剤と呼ばれる、副腎皮質ホルモンという外用剤を処方され、かゆみ止めとしての使用が推奨されています。ステロイド剤には強さにランクがあり、徐々に弱いものにかえることで、薬を使用しなくてもよくなる状態にしていく治療が一般的と考えられています。薬を使用することでかゆみが治まり、掻かないことで傷が良くなることが期待されていますので、自己判断に頼らず、医師の指示通りに使用することが推奨されています。又、生活習慣も重要視されており、規則正しい生活の他、食生活も、野菜を多めに取り、インスタント食品などを控えることによって、治療効果が高まると考えられています。