治療方法

外国人のドクター

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんからお年寄りまで、男女問わず罹患する皮膚病です。特徴としては、赤くて大変かゆみの強い湿疹が発症します。全身顔から脚までどこにでも症状が出ますが、大人のアトピーは特に顔に出やすいため、見た目を気にする患者の多い病気です。 アトピー性皮膚炎は、古くから副腎皮質ホルモンと呼ばれる、外用ステロイド剤を塗布することにより、症状を抑えることが皮膚科治療の主流でした。ステロイドホルモンは、強い抗炎症作用が期待できるため、上手に使用することで、アトピーの症状をコントロールすることができると考えられています。 近年では、腸内環境を整えることが治療に効果的とされており、乳酸菌やビタミン剤などを取り入れた治療も行なわれています。

アトピー性皮膚炎は、症状を抑えるために、外用薬を使用している方が多いと考えられていますが、多くの方は、急に薬をやめると症状が再燃するとされています。そのため、薬を使用しなくても症状が出ないようにする治療法が望まれています。 それらは肌質改善や体質改善などと呼ばれており、漢方薬や、サプリメント、保湿剤など、様々なメーカーからアトピー性皮膚炎向けの商品やサービスが販売されています。 アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が弱まっているところに、ほこりやダニ、花粉やその他の物質がつくことにより、アレルギーを起こすことも原因の一つと考えられていますので、肌のバリア機能を弱めぬよう、こすったり、熱すぎる温度の入浴を控えるなどの工夫が推奨されています。